Y!mobile

【スマホプランはいくら?ワイモバイルの初期費用】金額はプラン内容や利用するオプション等によって変動あり!

投稿日:2017年7月29日 更新日:

ワイモバイル契約時には、初期費用が必要になります。

契約時に初期費用が必要になるのは、ワイモバイルに限った話ではなく、大手携帯キャリアでも同様に初期費用が必要になります。

そこで今回は、ワイモバイル契約時にかかる費用にはどのようなものがあるのか、また具体的にどれくらいかかるのかなど、ワイモバイルの初期費用について紹介していきます。

関連サイト:Y!mobile

SPONSORED LINK

ワイモバイルの契約事務手数料

大手携帯キャリア同様に、ワイモバイルでも新規契約時には契約事務手数料が必要になり、ワイモバイルの契約事務手数料は3,000円となっています。

契約事務手数料3,000円というのは税抜きの金額なので、実際支払うのは消費税を足しこんだ「3,240円(消費税8%の場合)」になります。

また、契約事務手数料はワイモバイル契約時にかかる手数料のため、ワイモバイル新規契約者だけでなく、他社からワイモバイルに乗り換え(MNP)の方も、同額の契約事務手数料が必要です。

この契約事務手数料と言うのは、ワイモバイル契約時にその場で支払うものではなく、初月の月額使用料金請求時に合算して請求されるようになります。

関連記事:無料にする方法も紹介!ワイモバイルの事務手数料

ワイモバイル契約時に必要な初期費用

ここからは、ワイモバイルで提供されている料金プランごとに必要になる初期費用について紹介していきます。

ワイモバイルの初期費用は、どのプランを選んでも

  • 契約事務手数料
  • 料金プランの月額料金

上記2つは必ず発生する初期費用となっています。

そのため、ワイモバイルでは初期費用を無料にするということはできません。

関連サイト:Y!mobile

スマホプランの初期費用

ワイモバイル契約時に、スマホプランを選択した方は初期費用として

ワイモバイル・スマホプランの初期費用
  • 契約事務手数料:3,000円(税抜き)
  • スマホプランの月額料金:2,980円~(日割りあり)
  • 端末代(購入した場合)
  • 付属品・オプション品(購入した場合)
  • オプションサービスの月額料金(加入した場合)

上記が必要になり、申し込むスマホプランや、端末を購入するかどうかなどによって、初期費用の金額が変動します。

例えば、ワイモバイル契約時に「SIMカードのみ」で契約し、スマホプランSに申し込んで月初めから利用開始した場合、付属品は購入せずオプションサービスに申し込まなければ、初期費用は5,980円になります。

また、月額基本料金がかかるということは、月初めに利用開始した人が得をするのでは?と思われるかもしれませんが、ワイモバイルのスマホプランは日割り計算される料金プランのため、利用を開始したのが月半ばや月末の場合、利用した日数分が初月の月額基本料金として請求されます。

そのため、上記の場合月初めから利用開始した場合の初期費用は5,980円ですが、月半ばや月末から利用開始した場合は、5,980円よりも初期費用は安くなります。

このように、スマホプランを利用開始したのが、いつであっても損をするという事はないのでご安心を。

関連記事:内容・選び方も!ワイモバイルのスマホプランを徹底解説

関連記事:スマホ購入不要!ワイモバイルはSIMカードのみで契約できる

ケータイプランSSの初期費用

ワイモバイル契約時に、ケータイプランSSを選択した方は初期費用として

ワイモバイル・ケータイプランSSの初期費用
  • 契約事務手数料:3,000円(税抜き)
  • ケータイプランSSの月額料金:934円~(日割りあり)
  • 端末代
  • 付属品・オプション品(購入した場合)
  • オプションサービスの月額料金(加入した場合)

上記が必要になり、ケータイプランSSも、付属品を購入したかどうかオプションサービスに加入したかどうかなどで初期費用が変動します。

また、スマホプラン同様にケータイプランSSも、月額基本料金は日割り計算されるので、いつ申し込んだかによって得をする損をするということはありません。

関連記事:通話無料にするならケータイプランSS!ワイモバイルのガラケー

データプランの初期費用

ワイモバイル契約時に、データプランを選択した方は初期費用として

ワイモバイル・データプランの初期費用
  • 契約事務手数料:3,000円(税抜き)
  • データプランの月額料金:1,980円~(日割りあり)
  • 端末代
  • 付属品・オプション品(購入した場合)
  • オプションサービスの月額料金(加入した場合)

上記が必要になり、どのタイプのデータプランを選択したのか、オプション品は購入したのかなどによって、初期費用が変動します。

また、データプランもスマホプランなどと同様に、日割り計算される料金プランのため、いつ申し込んだといって得をしたり損をしたりということはありません。

関連記事:キャンペーンで利用料金が安い!ワイモバイルのタブレット

場合によっては違約金がかかることも

ここまでは、ワイモバイルを利用するにあたって発生する初期費用を紹介してきましたが、ワイモバイルに乗り換える(MNP)にあたって違約金が発生する場合、違約金も初期費用として考えられます。

例えば、今までA社で2年縛りがあるプランを契約していたとして、契約更新月以外でワイモバイルに乗り換えると、違約金として契約解除料をA社に支払わなければいけません。

違約金を支払わないと、ワイモバイルに乗り換えることができないので、人によっては違約金も初期費用にカウントされます。

ワイモバイル契約時に必要な初期費用・まとめ

  • ワイモバイルの初期費用には契約事務手数料などがある
  • 契約事務手数料、料金プランの月額料金は必ず発生する初期費用
  • オプションサービスなどに申し込むと初期費用が高くなる

関連サイト:Y!mobile

SPONSORED LINK

-Y!mobile
-, , , , ,

関連記事

【料金プランによって違う!ワイモバイルの契約期間まとめ】自動更新が嫌なら契約期間なしの料金プランもあり!

前回の記事で、ワイモバイルにも2年縛りがあり、スマホプランがその2年縛り(契約期間2年)にあたる料金プランだと紹介しました。 ワイモバイルには、スマホプラン以外にも様々なプランがありますが、ワイモバイ …

【MNP時は手数料も必要!ワイモバイル解約手続き】違約金・解約料が必要ない契約更新月に解約しよう!

ドコモやauなど他社キャリアでは、条件を満たしていないと解約料金が発生しますが、ワイモバイルでも同じく条件を満たしていないと、解約時に解約料金が発生します。 そこで、ワイモバイルの解約方法や解約時にか …

【ドコモ・au版Xperiaは注意?ワイモバイルで他社のエクスペリアを使用】SIMロック解除をしても使えないこともある?

スマホで圧倒的人気を誇っている端末といえばiPhoneですが、エクスペリア(以下Xperia)はiPhoneに次ぐ人気端末で、ワイモバイルと新規契約、または他社からワイモバイルに乗り換えて(MNP)、 …

【料金は有料?対応機種は?ワイモバイルのテザリング】iPhoneでもテザリングできる端末とできない端末がある!

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手携帯キャリアには、テザリングというサービスがありますが、大手携帯キャリアでテザリングを利用していた方は、ワイモバイル乗り換えにあたってワイモバイルでもテザリングを …

【年齢認証もできる!ワイモバイルLINE設定方法】引き継ぎをしないとスタンプ等は使用できない!

ワイモバイルのフィルタリングサービスについて調べていた時に、ワイモバイルでLINEはできるのかという疑問を持っている方が多いようだったので、気になって調べてみました。 ちなみに、ワイモバイルのフィルタ …