キャンペーン

【最大14GBで大容量!ワイモバイル・データ容量2倍キャンペーン】スマホプランに申し込めば誰でもキャンペーン対象に!

投稿日:2017年7月13日 更新日:

※「データ容量2倍キャンペーン」は2017年8月31日に終了しました。それに伴い2017年9月1日より「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」が開始されました。「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」については「ワイモバイルのデータ容量2倍オプション無料キャンペーンとは」の記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

 

ドコモなど大手携帯キャリアを利用中の方の中には、月額料金が安いMVNOや格安SIMへ乗り換え(MNP)を検討しているという方もいるかと思いますが、現在はデータ容量が大きいプランを利用しているため、他社へ乗り換える場合大容量のデータプランが用意されているところがいいなと考えている方もいるでしょう。

そんな、MVNOや格安SIMに乗り換えにあたって、大容量のデータプランが用意されていることが条件と考えている方は、ワイモバイルはいかがでしょうか。

ワイモバイルでは「データ容量2倍キャンペーン」を実施しており、申し込んだプランの高速データ通信容量を2倍にすることができるので、プランによっては高速データ通信容量を大容量にすることも可能です。

今回はワイモバイルの「データ容量2倍キャンペーン」の概要や注意点、高速データ通信容量が追加されるタイミングなどについて紹介していきます。

SPONSORED LINK

ワイモバイル「データ容量2倍キャンペーン」とは

「データ容量2倍キャンペーン」内容

それでは早速、ワイモバイルの「データ容量2倍キャンペーン」について紹介していきます。

「データ容量2倍キャンペーン」とは、新規契約や他社からワイモバイルに乗り換えた(MNP)方を対象に、申し込んだスマホプランの高速データ通信容量が2倍になるキャンペーンのことです。

スマホプランは「S・M・L」という3つのタイプがあり、

スマホプランの高速データ通信容量
  • スマホプランS:月々1GB
  • スマホプランM:月々3GB
  • スマホプランL:月々7GB

といったように、それぞれに1ヶ月間に使用できる高速データ通信容量が設定されています。

これを、「データ容量2倍キャンペーン」を利用することで、

データ容量2倍キャンペーン適用後のデータ容量
  • スマホプランS:月々1GB→月々2GB
  • スマホプランM:月々3GB→月々6GB
  • スマホプランL:月々7GB→月々14GB

といったように、1ヶ月間に使用できる高速データ通信容量が2倍になるので、スマホプランLに申し込んだ場合には、高速データ通信容量が14GBとなり大容量にすることができます(^^)

また、「データ容量2倍キャンペーン」は、新規契約・他社からの乗り換え(MNP)時にスマホプランを契約した方を対象としたキャンペーンなので、「データ容量2倍キャンペーン」をを利用したい場合にはワイモバイル申し込み時に「スマホプラン」を選択するようにしてください。

ワイモバイルの申し込み方法については、「乗り換え手順も解説!ワイモバイルオンラインストアで申し込み」の記事をご覧ください。

関連サイト:Y!mobile

関連記事:乗り換え手順も解説!ワイモバイルオンラインストアで申し込み

SIMカードのみの契約も対象

ワイモバイルには、

  • 端末を購入するタイプの契約
  • 端末を購入しないタイプの契約

があり、端末を購入しないタイプで契約した場合、SIMカードのみの契約となります。(端末は別途用意する必要がある)

SIMカードのみでワイモバイルに契約をした場合には、「データ容量2倍キャンペーン」は適用になるのかどうかですが、SIMカードのみの契約であってもワイモバイル契約時にスマホプランを選択していれば、「データ容量2倍キャンペーン」の対象になります。

また、SIMカードのみでワイモバイルと契約する場合の説明や、ワイモバイル申し込みの流れについては、下記の記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

関連サイト:Y!mobile

関連記事:SIMのみ契約可能!ワイモバイルにSIMカードのみで申し込む方法

ソフトバンクから乗り換えた(番号移行)場合は適用になる?

ワイモバイルの親会社はソフトバンクであり、ソフトバンクからワイモバイルに顧客が流れるのを防ぐためなのか、他社からワイモバイルに乗り換える場合と比べて、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え(番号移行)をする場合には、お得なキャンペーンなどが利用できないケースが多いです。

そのため、「データ容量2倍キャンペーン」もソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合には対象外になるのかと思い調べてみたところ、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えであってもワイモバイル契約時にスマホプランを選択すれば、「データ容量2倍キャンペーン」の対象になるということがわかりました(^^)

ただ、ワイモバイル公式サイトの「データ容量2倍キャンペーン」のページには、

ソフトバンクからの番号移行、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクからののりかえ(MNP)は、2017年3月1日以降のご契約が対象です。

引用元:ワイモバイル「データ容量2倍キャンペーン」

という記載があるので、2017年3月1日より前にソフトバンクからワイモバイルに乗り換えた方は、「データ容量2倍キャンペーン」の対象にならなかったのかもしれません。

しかし、これからソフトバンクからワイモバイルに乗り換える方は、「データ容量2倍キャンペーン」の対象になるのでご安心を(^^)

関連記事:ワイモバイルとは何?ソフトバンクが吸収合併?

機種変更したらどうなる?

「データ容量2倍キャンペーン」には、

  • 通信サービスを解約した場合
  • ワイモバイル指定料金プラン以外に変更した場合
  • 契約変更をした場合

という特典終了条件が設定されており、その条件に該当する場合特典が終了となります。

ここで気になるのが、「契約変更をした場合」という点です。

契約変更とは、機種変更と同時に料金プランを変更する場合(例外あり)を指し、契約変更をした場合には「データ容量2倍キャンペーン」は終了になりますが、機種変更の場合であれば「データ容量2倍キャンペーン」は継続されるので終了にはなりません。

また、ワイモバイル契約時に「故障安心パック」などのオプションサービスに申し込んでいたとして、それらのオプションサービスを解約しても「データ容量2倍キャンペーン」は終了にはなりません。

関連記事:手数料や違約金はいくら?ワイモバイルの契約変更とは

関連記事:キャンペーン利用で一括0円!?ワイモバイルの機種変更

「データ容量2倍キャンペーン」概要

「データ容量2倍キャンペーン」概要
  • 受付期間:2015年9月1日~2017年8月31日
  • 対象者:ワイモバイルに新規契約・他社から乗り換え(MNP)・ソフトバンクから番号移行した方
  • 対象プラン:スマホプランS・M・L
  • 特典内容:申し込み翌月から24ヶ月間、データ容量が2倍になる

ワイモバイル「データ容量2倍キャンペーン」の注意点

申し込み初月はキャンペーン適用外

ワイモバイルの「データ容量2倍キャンペーン」はお得なキャンペーンですが、「データ容量2倍キャンペーン」は申し込んですぐ適用されるキャンペーンではなく、適用されるのは翌月からなので初月は「データ容量2倍キャンペーン」の対象外となります。

例えば、7月25日にワイモバイルのスマホプランLに申し込んだ場合、7月いっぱいは高速データ通信容量は7GBで、8月から「データ容量2倍キャンペーン」が適用になり、高速データ通信容量が14GBになります。

ワイモバイルに申し込んだ月(初月)は、「データ容量2倍キャンペーン」が適用されていないので、勘違いして高速データ通信容量を使いすぎてしまうと、通信速度制限がかかり通信速度が低速化してしまう恐れがあるので注意して下さい。

関連記事:LINEやYouTubeは使える?ワイモバイル速度制限

「データ容量2倍キャンペーン」適用例

7月25日にスマホプランLに申し込んだ場合

  • 7月25日~7月31日:高速データ通信容量7GB
  • 8月1日~:高速データ通信容量14GB

「データ容量2倍キャンペーン」は2年後に終了

「データ容量2倍キャンペーン」はお得なキャンペーンですが、ワイモバイルと契約していれば永遠に続くキャンペーンではありません。

「データ容量2倍キャンペーン」には、申し込み翌月から24ヶ月間という適用期間が定められており、それを過ぎた場合「データ容量2倍キャンペーン」は終了となります。

「データ容量2倍キャンペーン」が終了した後も、データ容量を2倍にしたいという場合には、月額500円と有料にはなりますが「データ容量2倍オプション」というオプションサービスに申し込めば、これまで通り高速データ通信容量を2倍にすることが可能です。

繰り返しますが、「データ容量2倍キャンペーン」は永遠につづくキャンペーンではないのでご注意を。

プラン変更には注意

上記の「機種変更したらどうなる?」の項目で少し触れましたが、「データ容量2倍キャンペーン」は

  • 通信サービスを解約した場合
  • ワイモバイル指定料金プラン以外に変更した場合
  • 契約変更をした場合

という、特典終了条件が設定されています。

「データ容量2倍キャンペーン」の特典終了条件にある、「ワイモバイル指定料金プラン以外に変更した場合」の「ワイモバイル指定料金プラン」とはスマホプランのことで、ワイモバイル契約時に「スマホプランS・M・L」のいずれかに申し込むことで「データ容量2倍キャンペーン」が適用対象になります。

また、ワイモバイル契約後にプランを変更したいと思うこともあるかと思いますが、スマホプラン以外にプラン変更をすると「データ容量2倍キャンペーン」が終了になってしまうので、「データ容量2倍キャンペーン」を継続させたい場合はスマホプラン以外へのプラン変更は控えましょう。

例えば、ワイモバイル契約時に「スマホプランS」に申し込み使用していたところ、別のプランに変更したいなと思い「スマホプランM」に料金プランを変更したとします。

この場合は、スマホプラン内の変更になるので、「データ容量2倍キャンペーン」は終了することはありません。

しかし、ワイモバイル契約時に「スマホプランS」に申し込んでいて、別のプランに変更したいと思いスマホプラン以外の料金プランに変更してしまうと、「データ容量2倍キャンペーン」は適用されなくなるので、料金プランを変更する際はくれぐれもご注意下さい。

高速データ通信容量が追加されるタイミング

自動で高速データ通信容量は追加されない

「データ容量2倍キャンペーン」について、勘違いしている方が多いようですが、「データ容量2倍キャンペーン」とは単純に1ヶ月間に使用できる高速データ通信容量が2倍になるというわけではありません。

「データ容量2倍キャンペーン」とは簡単に言うと、高速データ通信容量を使い切った場合、無料で通常速度に戻す追加料金(500MBあたり500円)を割引してくれるキャンペーンになります。

以下からは、「スマホプランM」を例に挙げて説明していきます。

スマホプランMの1ヶ月間に使用できる高速データ通信容量は「3GB」ですが、「データ容量2倍キャンペーン」を利用すると、1ヶ月間に使用できる高速データ通信容量が「6GB」になります。

しかし、スマホプランMの高速データ通信容量3GBを使いきってしまうと、通信速度制限がかかり通信速度が低速化してしまいます。

「データ容量2倍キャンペーン」を利用していて、特典分の3GBの高速データ通信容量があるのに、なんで通信速度制限がかかるの?と思われるかもしれませんが、特典分の残り3GBの高速データ通信容量は自分でMy Y!mobileや電話で手続きをしないと、使用することができません。

つまり、スマホプランMに申し込んで「データ容量2倍キャンペーン」を適用した場合、高速データ通信容量3GB分は普通に使うことができますが、それを使い切った場合特典分の3GB分を使用できる手続きをする必要があるということです。

要は、「データ容量2倍キャンペーン」で6GBの高速データ通信容量が使える場合

  • スマホプランMの高速データ通信容量:「3GB」
  • 通常速度に戻す追加料金割引:「500MB×6回」
  • 合計:「6GB」

という内訳になります。

また、通常速度に戻す追加料金の割引回数は、料金プランによって異なり

スマホプラン別追加料金割引回数
  • スマホプランS:+1GB(500MB×2回)
  • スマホプランM:+3GB(500MB×6回)
  • スマホプランL:+7GB(500MB×14回)

といったようになります。

また、通信速度制限がかかった状態から、通常速度に戻す手続き方法については、ワイモバイル公式サイトの「データ通信量の管理」のページをご覧ください。

関連サイト:ワイモバイル「データ通信量の管理」

快適モードを利用すると便利

上記で、高速データ通信容量を使い切った場合、自分で手続きをする必要があると紹介しましたが、手動で高速データ通信容量を追加するのがめんどくさいという方は、データ容量の追加方法を「快適モード」を選択すると便利です。

快適モードとは、高速データ通信容量を使いきっても、自動的にデータ容量が追加されるため通信速度制限がかからず、高速データ通信を維持したまま使用することができるサービスです。

また、高速データ通信容量の追加回数は上限が設定できるので、使いすぎるという心配はありません。

詳しくは、ワイモバイル公式サイトの「快適モード」のページで紹介されているので、そちらをご覧ください。

関連サイト:ワイモバイル「快適モード」

ワイモバイル「データ容量2倍キャンペーン」とは・まとめ

  • 新規契約・他社からの乗り換え・ソフトバンクから番号移行でスマホプランに申し込んだ方が対象
  • SIMカードのみで契約した場合も対象
  • 申し込み初月はキャンペーン適用外
  • キャンペーン適用は申し込み翌月から24ヶ月間
  • スマホプラン以外に料金プランを変更すると対象外になる
  • 特典分の高速データ通信容量は手動で追加する

関連サイト:Y!mobile

SPONSORED LINK

-キャンペーン
-, , , , , , ,

関連記事

【長く使うと安い!ワイモバイルの長期利用割引】スマホプラン月額基本使用料を1,000円割引!

ワイモバイル加入時にスマホプランに申し込んだ場合、スマホプラン割引が適用(ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えは除く)になるため、月額基本使用料が安くなります。 しかし、スマホプラン割引には、適用期 …

【ワンキュッパ割で更に安い!ワイモバイルの月額料金】1980円で通話もネットもコミコミ!

ワイモバイルといえば、なめ猫バンドが歌う「ランニャー」や、「1,980円で通話無料の時代へ」というキャッチコピーが印象的なCMですよね(^^) そんなワイモバイルでは、基本使用料が更に安くなるワンキュ …

【ソフトバンクは対象外?ワイモバイルのスマホプラン割引とは】基本使用料1,000円割引を25ヶ月間!

画像引用元:ワイモバイル「料金改定について」 【追記】 スマホプラン割引は、2018年5月利用分で終了となりました。 2018年6月1日からは、スマホプランの月額料金が1,000円値下げになっています …

【5,000円還元!ワイモバイル・家族のスマホまとめてキャンペーン】家族割引サービスとも併用可能!

家族でワイモバイルに新規申し込み・乗り換え(MNP)をしたいと思っている方には嬉しいキャンペーンが、2017年6月1日より始まりました。 2017年6月1日より実施されている、ワイモバイルの「家族のス …

【ワイモバイルのデータ容量2倍オプション無料キャンペーンとは】対象者やどういった特典なのか内容などを紹介!

画像引用元:データ容量2倍オプション無料キャンペーン ワイモバイルでは、これまで高速データ通信容量が2倍になる「データ容量2倍キャンペーン」というキャンペーンを実施していましたが、残念ながら2017年 …