Y!mobile

【SIMフリー端末は周波数帯を確認!ワイモバイルの対応バンド】バンドが対応していないと圏外に!?

投稿日:

ワイモバイルでは、他社で購入した端末(スマホ)やSIMフリー端末を使用することができます。

そのため、ワイモバイルで販売されていない端末でも、ワイモバイルに端末を持ち込めば使用することが可能になります。

しかし、他社の端末をワイモバイルで使用する場合には注意が必要で、どんな端末でもワイモバイルで使えるというわけではなく、他社の端末がワイモバイルで使えるかどうかは、対応周波数帯(バンド)によって異なります。

そこで今回は、周波数帯とはなんなのか、スマホの周波数帯の調べ方など、ワイモバイルのバンド(周波数帯)について紹介していきます。

関連サイト:Y!mobile

SPONSORED LINK

SIMロック解除をしても使用できない?

上記で少し触れましたが、他社の端末をワイモバイルに持ち込んで使用する場合、SIMロック解除をすればワイモバイルで使用できるというわけではありません。

ワイモバイルに持ち込んだ他社端末が、ワイモバイルのバンド(周波数帯)に対応していないと、電波が入りにくかったり圏外になる回数が多くなったりしてしまいます。

そのため、ワイモバイルで他社の端末を使いたい場合には、その端末が対応しているバンド(周波数帯)をしっかり調べて把握しておく必要があります。

ワイモバイルの対応バンド(周波数帯)について

バンド(周波数帯)とは

まず、バンド(周波数帯)とは何なのかについてですが、バンド(周波数帯)とは簡単に言うと、端末(スマホなど)で通話やデータ通信をする際に必要な電波の周波数の事です。

スマホや携帯が使用する電波は「バンド(周波数帯)」という区分で分類されており、「バンド(周波数帯)」はキャリアによって異なります。

例えば、ワイモバイルで購入した端末を使用する場合、基本的にはワイモバイルのバンド(周波数帯)に対応しているので快適に使用できますが、ドコモなど他社の端末をワイモバイルに持ち込んで使用する場合、他社の端末の対応バンド(周波数帯)とワイモバイルの対応バンド(周波数帯)が一致していないと、電波が掴みにくく繋がりにくい、または圏外になることが多くなってしまうということも考えられます。

そのため、ワイモバイルで他社の端末を使用する場合、ワイモバイルのバンド(周波数帯)にその他社の端末が対応しているかを確認する必要があります。

関連サイト:Y!mobile

ワイモバイルの対応バンド(周波数帯)はソフトバンクと同じ

ワイモバイルの対応バンド(周波数帯)について調べてみると、ワイモバイルとソフトバンクの対応バンド(周波数帯)は同じということがわかりました。

恐らく、ワイモバイルの親会社がソフトバンクということで、ワイモバイルもソフトバンクと同じバンド(周波数帯)を利用しているものと思われます。

ただ、ソフトバンクの端末をワイモバイルで使用する場合にも、念の為に事前に端末の対応バンド(周波数帯)を調べておいたほうがいいでしょう。

関連記事:ワイモバイルとは何?ソフトバンクが吸収合併?

ワイモバイルの対応バンド(周波数帯)について

ワイモバイルが対応しているバンド(周波数帯)については、総務省の「各携帯電話事業者の通信方式と周波数帯」というpdfファイルによると

ワイモバイル(ソフトバンク)の対応バンド(周波数帯)
周波数 バンド LTE 3G(WCDMA)
2.0GHz帯 バンド1
1.7GHz帯 バンド3
900MHz帯 バンド8
1.5GHz帯 バンド11
700MHz帯 バンド28
3.5GHz帯 バンド42
2.0GHz帯 バンドI
1.7GHz帯 バンドIX
900MHz帯 バンドVIII

上記が、ワイモバイルの対応バンド(周波数帯)になり、端末がこのバンド(周波数帯)に対応していればいるほど、電波が安定します。

そして、この中でも特に重要なバンド(周波数帯)が

ワイモバイルの必須対応バンド(周波数帯)
  • LTE:バンド1、バンド3、バンド8
  • 3G:バンドI、バンドVIII

上記になり、逆に言えば上記の重要なバンド(周波数帯)に対応していない端末は、ワイモバイルの電波が入りにくい可能性が高いです。

そのため、ワイモバイルで他社の端末(SIMフリー端末含む)を使用する場合には、少なくとも「バンド1、バンド3、バンド8、バンドI、バンドVIII」に対応した端末を使用するようにしましょう。

それ以外のバンド(周波数帯)に関しては、対応していれば更に電波が繋がりやすくなります。

関連サイト:総務省「各携帯電話事業者の通信方式と周波数帯」

端末(スマホ)の対応バンド(周波数帯)の調べ方

キャリア端末の場合

では、ワイモバイルで使用するスマホの対応バンド(周波数帯)はどうやって調べるのかについてですが、大手携帯キャリアで購入した端末であれば

上記のページで、端末の対応バンド(周波数帯)を確認することができます。

SIMフリー端末の場合

ワイモバイルで使用しようと思っている端末が、SIMフリー端末の場合にはその端末の公式サイトなどで対応バンド(周波数帯)を確認することができます。

また、海外SIMフリー版の端末を使いたい場合には、「海外SIMフリー携帯ネットワークチェック」というツールを使用すれば、その端末はどのキャリアのどのバンド(周波数帯)に対応しているのかを手軽に調べることができます。

使い方は簡単で、端末のメーカー名や通信会社などを選択するだけです。

「海外SIMフリー携帯ネットワークチェック」は、使用するにあたって特にアカウント登録などの作業もないので、気軽に使用することができます。

関連サイト:「海外SIMフリー携帯ネットワークチェック」

電波に不満がある場合契約のキャンセルが可能

ワイモバイルと契約したはいいものの、いざ使用してみると

  • 自宅
  • 勤務先
  • 通学先

などで、電波がはいらないという方も中にはいるかもしれません。

そういった、電波が入らないなど電波状況が不十分な場合、契約当日から8日以内であれば、契約のキャンセルができます。

ただし、他社からワイモバイルに乗り換えて8日間キャンセルをした場合、乗り換え前のキャリアに復帰することはできません。

例えば、ドコモからワイモバイルに乗り換えて(MNP)8日間キャンセルをした場合、ドコモに復帰するということはできないのでご注意を。

詳しくは、ワイモバイル公式サイト「契約のキャンセル」のページをご覧ください。

関連サイト:ワイモバイル「契約のキャンセル」

ワイモバイルの対応バンド(周波数帯)について・まとめ

  • 端末がワイモバイルのバンド(周波数帯)に対応していないと電波が入りにくい
  • ワイモバイルはソフトバンクと同じバンド(周波数帯)
  • ワイモバイルで重要なバンド(周波数帯)は「バンド1、バンド3、バンド8、バンドI、バンドVIII」
  • 端末の対応バンド(周波数帯)は購入したキャリアやメーカーのサイトで調べる
  • 電波に不満がある場合には契約キャンセルができる

関連サイト:Y!mobile

SPONSORED LINK

-Y!mobile
-, , , , , ,

関連記事

【メリット・デメリット徹底解説!ワイモバイル乗り換え前に要チェック】利点だけでなく注意点についても紹介!

月々の携帯代をもっと安くしたいため、ワイモバイルへの乗り換えを検討している方も多いかと思いますが、 乗り換える前に、ワイモバイルを利用するメリットだけじゃなくて、デメリットも把握しておきたい と調べて …

【端末ごとに異なる!ワイモバイルの契約期間確認方法】料金プラン変更・乗り換えを検討している場合は要確認!

ワイモバイルの料金プランには契約期間が決められており、 料金プランを変更 他社への乗り換え(MNP転入) 解約 をしたいと考えている方は、あとどれくらい契約期間が残っているのかを知っておく必要がありま …

【ドコモ・au版Xperiaは注意?ワイモバイルで他社のエクスペリアを使用】SIMロック解除をしても使えないこともある?

スマホで圧倒的人気を誇っている端末といえばiPhoneですが、エクスペリア(以下Xperia)はiPhoneに次ぐ人気端末で、ワイモバイルと新規契約、または他社からワイモバイルに乗り換えて(MNP)、 …

【通話料無料じゃない!?ワイモバイルからソフトバンクへ発信】料金プランによっては通話料がかかる!

ワイモバイルはソフトバンクの子会社なので、ワイモバイルからソフトバンクへ発信する場合、通話料は無料になると思われがちですが、実は無料にならないケースも存在します。 そこで今回は、ワイモバイルからソフト …

【申込むべき!?ワイモバイル補償サービス】故障時には無料で修理ができる!

ワイモバイルには、故障などもしもの時にも安心な、端末に合わせた補償サービスがあり、月額料金を支払うことで利用することができます。 今回はその、ワイモバイルの補償サービスの内容や、補償サービスに申し込む …