格安SIMラボ

格安SIMへの乗り換え方法(MNP)やプラン内容などをわかりやすく紹介します。

楽天モバイル

【3日制限なし!楽天モバイルの通信速度制限】高速データ通信容量の残容量はアプリで確認できる!

投稿日:2017年3月29日 更新日:

ドコモなど大手携帯キャリアを使用していて、ネットのしすぎで通信速度制限がかかってしまい、通信速度が遅くなって不便な思いをしたことがある方もいるかと思います。

この、通信速度制限があるのは大手携帯キャリアに限った話ではなく、MVNO(格安SIM)である楽天モバイルにも存在します。

そこで、3日制限はあるのかや、高速データ通信容量の確認方法など、楽天モバイルの通信速度制限について詳しく調べてみました。

関連記事:月額料金無料等お得な特典あり!楽天モバイルのキャンペーン

SPONSORED LINK

楽天モバイルの通信速度制限について

通信速度制限とは

まず、通信速度制限とは何かということについてですが、ネットなどのしすぎで1ヶ月間に使用できる高速データ通信容量を使いきってしまった場合、通信速度が低速化する通信制限のことで、楽天モバイルの場合は、通信速度制限がかかってしまうと、通信速度が200kbpsに低速化します。

通信速度制限を経験したことがある方はわかると思いますが、通信速度制限がかかると、通信速度が半端なく遅くなりますよね・・・(>_<)

私も、通信速度制限を経験したことがあるんですが、速度が遅すぎて動画の視聴はできないに等しかったですね・・・

通信速度が制限される期間

では、通信速度制限がかかってしまった場合、いつまで通信が制限されるかですが、通信速度制限は制限がかかった月の月末まで続き、翌月になれば通信速度制限は解除されます。

しかし、翌月まで待たずに通信速度制限を解除する方法もあるので、それに関しては下記で紹介していきます(^^)

通信速度制限を解除するには

通信速度制限がかかってしまった場合、制限を解除するには

  • 翌月まで我慢
  • 高速データ通信容量追加パックを購入

という方法があります。

まず、「翌月まで我慢」ですが読んで字の如く、通信速度制限が解除される翌月まで通信速度が遅いのを我慢して使用を続ける方法です。

あと、2~3日程度我慢すれば翌月になるというのであれば、この方法で問題ないかと思いますが、翌月までまだ半月もあるという状況なのであれば、半月間通信速度が遅いままスマホを使い続けるのはかなりストレスを感じるかと思います(>_<)

そんな場合には、「高速データ通信容量追加パックを購入」することで、一時的ではありますが高速データ通信を復活させることが可能になります。

また、高速データ通信容量追加パックは、

  • 100MB:300円
  • 500MB:550円
  • 1GB:980円

で購入することになります。

通信が遅いままでは嫌だ、すぐに高速データ通信ができるようにしたいという気持ちはわかりますが、高速データ通信容量追加パックを購入するには費用がかかり、決して安くはありません。

月額料金の安さが楽天モバイルのメリットの1つなので、なるべくなら余計なところでお金を使いたくはないですよね(>_<)

そう考えると、仮に通信速度制限がかかったとしても、高速データ通信容量追加パックを購入するのではなく、極力Wi-Fiを利用するなどをして、通信速度制限が解除される翌月を待つほうが賢明です。

関連サイト:楽天モバイル

楽天モバイルは3日制限を撤廃

通信速度制限には、高速データ通信容量を使い切ったら低速化するものと、3日制限と呼ばれる直近3日間のデータ通信容量の合計が規定値以上だと低速化するものがあり、3日制限がかかってしまうと、高速データ通信容量を購入しても通信速度制限は解除されません

楽天モバイルの3日制限は、

  • 3.1GBプラン:540MB
  • 5GBプラン:1GB
  • 10GBプラン:1.7GB
  • 20GBプラン:制限なし
  • 30GBプラン:制限なし
  • コミコミプランS・M(2GB):400MB
  • コミコミプランL・LL(4GB):800MB

上記のように、プランによって制限がかかる容量が異なっていました。

しかし、2017年3月1日より、楽天モバイルは3日制限を撤廃し、全プラン3日制限なしとなりました。

3日制限が撤廃されたことで、直近3日間のデータ通信容量を気にする必要はなくなりましたが、逆に3日制限が撤廃されたことによって、データ通信容量を気にしなくなるため、今まで高速データ通信容量を使い切っていなかった方も、データを使いすぎて月の途中で高速データ通信容量がなくなり、通信速度制限がかかるということも考えられます。

通信速度制限がかからないようにするためにも、「楽天モバイルSIMアプリ」を使用するなどして、現在どれくらい高速データ通信容量を消費しているのか、あとどれくらい高速データ通信容量が残っているのかを確認するようにしたほうがいいですね。

データ通信容量はアプリで確認できる

通信速度制限を回避するためには、データ通信容量をこまめに確認することが大切です。

楽天モバイルの場合は、「楽天モバイルSIMアプリ」というアプリを使用することで、現在のデータ消費状況をリアルタイムで確認することができます。

楽天モバイルSIMアプリでは、現在どれくらいの高速データ通信容量を消費していて、あとどれくらい残っているのかがグラフで見ることができ、ひと目でわかるので便利です(^^)

また、楽天モバイルSIMアプリでは、高速データ通信をON/OFFで切り替えることができるので、高速データ通信が不要な時はOFFにすると、高速データ通信容量の消費を抑えることができ、通信速度制限対策にもなります(^^)

楽天モバイルSIMアプリは、Android端末であればGoogle Playから、iOS端末であればApp Storeからダウンロードすることができます。

ベーシックプランは通信速度制限がない

上記の通り、楽天モバイルには通信速度制限があり、契約している料金プランの高速データ通信容量を使いきってしまうと、通信速度制限がかかり、通信速度が最大200kbpsに低速化してしまいます。

しかし、以前「楽天モバイルベーシックプランの評判・口コミ」の記事で紹介しましたが、ベーシックプランには通信速度制限がありません。

というのも、ベーシックプランの通信速度は最大200kbpsと、通信速度制限がかかった時と同じ通信速度で、そもそも高速データ通信ができません。

そのため、実質通信速度制限を気にすることなく、ネットが使い放題のプランなんですが、通信速度が低速のため動画の視聴は難しいなどできることも限られてしまいます。

ベーシックプランは楽天モバイルの料金プランの中で、1番月額基本料金が安いプランですが、通信速度が遅いためそれを承知でベーシックプランを選択するなら問題ありませんが、料金だけでベーシックプランを選んでしまうと、通信が遅すぎてストレスを感じる・・・ということにもなりかねないので、ベーシックプランは通信速度が遅いということを理解しておく必要があります。

関連記事:評判や口コミは?楽天モバイルベーシックプラン

まとめ

  • 通信速度制限がかかると通信速度が200kbpsに低速化する
  • 通信速度制限は翌月になれば解除される
  • 高速データ通信容量追加パックを購入することで通信速度制限が解除できる
  • 2017年3月1日より楽天モバイルは3日制限を撤廃したため3日制限はない
  • 高速データ通信容量はアプリで確認できる

関連サイト:楽天モバイル

SPONSORED LINK

-楽天モバイル
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【楽天モバイルってどう?乗り換えるメリットデメリット】月額基本料金が安くてメインで使用している格安SIMサービスランキングNo.1!

楽天モバイルに乗り換えた場合、大手携帯キャリアに比べて月額基本料金が安くなるなど様々なメリットがある反面、デメリットも存在します。 そこで、ドコモなど大手携帯キャリアから楽天モバイルへ乗り換えて得られ …

【いつからできる?手数料は?楽天モバイルプラン変更方法】SIMタイプが違うものへの変更は不可!

楽天モバイルは、高速データ通信ができない低価格なプランから、通信速度制限を気にすることなくネットが楽しめる大容量のプランまで用意されていますが、プランを変更したい場合にはどうすればいいのでしょうか。 …

【SIMサイズに注意!楽天モバイル機種変更(買い増し)方法】Web限定キャンペーンを利用すればお得に端末が手に入る!

大手携帯キャリアでは、ショップに行けば機種変更をすることができますが、楽天モバイルの場合はどうやって機種変更をすればいいのか調べてみました。 また、楽天モバイルで機種変更(端末の買い増し)をするにあた …

【スーパーポイントも使用可能!楽天モバイル料金支払い方法】クレジットカード払いの場合は楽天カードがお得!

楽天モバイルには、様々な支払い方法が用意されていますが、それぞれの支払い方法にはできる決済とできない決済があります。 そこで、楽天モバイルの支払い方法の特徴や、支払い方法を変更することはできるのかなど …

【キッズ携帯はある?楽天モバイルで子供用の回線を契約するには】利用者が18歳未満であればフィルタリングソフトの契約が必須!

ドコモ・au・ソフトバンクなど大手携帯キャリアでは、子供に持たせるキッズ携帯と言われる防犯ブザーやGPSといった防犯機能も搭載した端末も取り扱っていますが、楽天モバイルはどうなのでしょうか。 そこで、 …