格安SIMラボ

格安SIMへの乗り換え方法(MNP)やプラン内容などをわかりやすく紹介します。

楽天モバイル

【スーパーポイントも使用可能!楽天モバイル料金支払い方法】クレジットカード払いの場合は楽天カードがお得!

投稿日:2017年3月23日 更新日:

楽天モバイルには、様々な支払い方法が用意されていますが、それぞれの支払い方法にはできる決済とできない決済があります。

そこで、楽天モバイルの支払い方法の特徴や、支払い方法を変更することはできるのかなどについて調べてみました。

関連記事:テザリングできる?楽天モバイルはiPadも使用可能

SPONSORED LINK

楽天モバイルの支払い方法

月々の料金の支払いなど支払い方法には、クレジットカードしか選択できないMVNO(格安SIM事業者)も多い中、楽天モバイルではクレジットカード払いだけでなく、デビットカードや口座振替などの支払い方法が用意されており、クレジットカードなしでも契約をすることができます。

しかし、それぞれの支払い方法によってできることやできないことがあるので、下記から紹介していきます。

クレジットカード

クレジットカード払いは、契約者本人名義のクレジットカードから引き落としにより料金を支払う方法です。

楽天モバイルでは、支払い方法をクレジットカード払いにした場合、月額基本料金など月々の費用だけでなく、端末・アクセサリーの一括払いや分割払いもすることができます。

また、料金の支払いに使用するクレジットカードを楽天カードにした場合、利用料金の1%分の楽天スーパーポイントが貯まるようになっており、また端末やアクセサリーを分割払いで購入した場合でも、分割手数料はかかりません(^^)

楽天モバイルは楽天カード以外にも、

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

といったクレジットカードが支払いに使用できますが、楽天カード以外のクレジットカードで端末やアクセサリーを分割払いで購入した場合は、それぞれのクレジットカード会社が定めた分割手数料が発生します。

上記の事を踏まえると、クレジットカードで料金の支払いを考えている場合は、楽天カードがお得ですね(^^)

クレジットカード払いでできる支払い

  • 月額基本料金
  • オプション料金
  • 通話料
  • ユニバーサルサービス料
  • 事務手数料
  • 契約解除手数料
  • 端末・アクセサリーの一括払い
  • 端末・アクセサリーの分割払い

関連サイト:楽天カード

デビットカード

デビットカード払いは、契約者本人名義のデビットカードから、引き落としにより料金を支払う方法です。

楽天モバイルで使用できるデビットカードは、

  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

の2種類となっており、料金の支払いに使用するデビットカードを、楽天銀行デビットカードにした場合、利用料金の1%分の楽天スーパーポイントが貯まります(^^)

ただ、支払い方法をデビットカードにした場合、端末やアクセサリーの分割払いには対応していないので注意してください。

また、支払い方法をデビットカードにする場合の注意点ですが、デビットカードは利用料金が口座から即座に引き落とされるようになっているため、口座内の金額には気を配る必要があります。

例えば「端末+SIMカード」で契約をした場合、楽天モバイルの申し込み手続きが完了すると同時に口座から端末代が引き落とされるようになっているようで、仮に口座内にある金額が残高不足だと楽天モバイルに申し込みをすることができないこともあるようです(>_<)

また、楽天モバイルに申し込みをすると契約事務手数料が必要になるため、契約時には最低でも

  • 端末代(申し込みと同時に端末も購入する場合)
  • 契約事務手数料(税込3,665円)
  • 1ヶ月分の月額基本料金

上記を支払えるだけの金額は、口座内にあったほうがいいかと思われます。

デビットカードでできる支払い

  • 月額基本料金
  • オプション料金
  • 通話料
  • ユニバーサルサービス料
  • 事務手数料
  • 契約解除手数料
  • 端末・アクセサリーの一括払い

デビットカードでできない支払い

  • 端末・アクセサリーの分割払い

口座振替

楽天モバイルでは、口座振替についての要望が多かったことから、2016年11月利用分より口座振替で料金の支払いをすることが可能になりました。

口座振替が利用可能な金融機関は、ゆうちょ銀行や三菱東京UFJ銀行など様々な金融機関に対応していますが、口座振替の場合には毎月の利用料金引き落とし時に、100円の手数料が必要となります。

また、支払い方法を口座振替にする際の注意点ですが、口座振替にした場合は端末やアクセサリーの支払いをすることができず、楽天モバイル申し込み時に端末やアクセサリーを購入することができません。

その場合は、楽天スーパーポイントを使用することで、支払い方法が口座振替でも楽天モバイル申し込み時に端末やアクセサリーを購入することが可能となります。

楽天スーパーポイントを使用するには、事前にコンビニなどで楽天ポイントギフトカードを購入しましょう。

ただし、楽天スーパーポイントの使用上限は30,000ポイントで一括払いと決まっているので、30,000円以下の端末やアクセサリーの一括払いに限られるため、30,000円を超える端末やアクセサリーの購入、分割払いはできません。

使用できる楽天スーパーポイントに限度があると考えると、申し込みと同時に端末も購入したいという方は、支払い方法はクレジットカードにしたほうがよさそうですね(^^)

口座振替でできる支払い

  • 月額基本料金
  • オプション料金
  • 通話料
  • ユニバーサルサービス料
  • 事務手数料
  • 契約解除手数料

口座振替でできない支払い

  • 端末・アクセサリーの一括払い
  • 端末・アクセサリーの分割払い

関連サイト:楽天カード

楽天スーパーポイント

楽天モバイルでは、楽天スーパーポイントでの支払いも可能となっています。

とは言っても、楽天スーパーポイントを支払い方法にするには、クレジットカードや口座振替の登録は必要になります。

また、楽天スーパーポイントを使用しての支払いは、選択した支払い方法によってできる決済が異なるので下記で紹介します。

クレジットカード・デビットカードを選択した場合

  • 月額基本料金
  • オプション料金
  • 通話料
  • ユニバーサルサービス料
  • 事務手数料
  • 契約解除手数料
  • 端末・アクセサリーの一括払い

口座振替を選択した場合

  • 端末・アクセサリーの一括払い

要は、口座振替を支払い方法に選択した方は、楽天スーパーポイントを月額基本料金など月々の費用に充てることができません。

楽天スーパーポイントを月々の費用に充てたいということであれば、支払い方法はクレジットカードかデビットカードを選択する必要があります。

楽天スーパーポイントを支払い方法に設定

支払い設定をする前に

楽天スーパーポイントを支払い方法に設定する際の注意点ですが、1度に利用できる楽天スーパーポイントは、1~30,000ポイントと決まっています。

また、楽天スーパーポイントを月々の費用(月額基本料金など)の支払いに充てた後の残額は、登録しているクレジットカードまたはデビットカードでの支払いになります。

上記でも説明しましたが、口座振替を支払い方法にしている方は、楽天スーパーポイントを月々の費用(月額基本料金など)の支払いに充てることができないので注意してください。

また、楽天スーパーポイントを月額基本料金の支払いに充てる場合には、楽天モバイルの「メンバーズステーション」で楽天スーパーポイント口座番号を登録する必要があります。

楽天スーパーポイント口座番号の確認方法に関しては、こちらをご覧ください。

関連サイト:楽天市場公式サイト「楽天スーパーポイント口座番号確認方法」

楽天スーパーポイントの支払い設定方法

まずは、楽天モバイルの「メンバーズステーション」にアクセスし、ログインします。

メンバーズステーションの会員メニューの「登録情報・設定変更」の中にある「楽天スーパーポイント支払い」をタップします。

「支払い方法の選択」の画面では、

  • 毎月固定のポイントを指定する
  • すべてのポイントを使用する
  • ポイントを使用しない

から使用する楽天スーパーポイントを設定することができます。

毎月決まったポイントを支払いに充てたいという場合には「毎月固定のポイントを指定する」を、貯まっているポイントすべて支払いに充てたいという場合には「すべてのポイントを使用する」を選択してください。

希望する楽天スーパーポイントの支払い方法を選択したら、「確認画面へ」をタップし、「設定の確認」画面が表示されたら「変更」をタップします。

関連サイト:メンバーズステーション

支払い方法を変更するには

楽天モバイルの支払い方法をデビットカード払いにしているけど、クレジットカード払いにしたいなという場合には、楽天モバイルの「メンバーズステーション」から変更することができます。

メンバーズステーションでは、

  • デビットカード払い→クレジットカード払い
  • クレジットカード払い→デビットカード払い
  • 支払いクレジットカードの変更

といった、様々な支払い方法の変更が可能となっています。

関連サイト:楽天モバイル

楽天モバイルの支払日について

クレジットカード払いの場合

クレジットカードを支払い方法にしている場合、楽天モバイルの月額基本料金は利用月の翌月に、月額基本料金以外の費用(通話料金など)は利用月の翌々月に、楽天モバイルから各クレジットカード会社へ請求が行きます。

クレジットカード会社の引き落としのタイミングに関しては、クレジットカード会社によって異なるので、利用しているクレジットカード会社に確認してみましょう。

デビットカード払いの場合

デビットカードを支払い方法にしている場合の、料金引き落とし日についてですが、楽天モバイル公式サイトを見てみても記載がなかったので調べてみました。

デビットカードは即時決済となっていますが、楽天モバイルの料金引き落とし日に関しては明確ではないようで、口コミによると

  • 楽天銀行デビットカード:15日頃
  • スルガ銀行デビットカード:22日頃

という情報が多いようでした。

デビットカードに関しては引き落とし日が明確ではないので、引き落とし口座には普段から支払いができるだけの金額は入れておいたほうがよさそうですね(^^)

まとめ

  • 楽天モバイルはクレジットカードがなくても契約可能
  • 料金の支払いに楽天スーパーポイントが使用可能
  • クレジットカード・デビットカード払いの場合は楽天スーパーポイントが貯まる
  • クレジットカード払いなら楽天カードがおすすめ
  • デビットカードでは端末・アクセサリーの分割払いができない
  • 口座振替の場合は利用料金引き落とし時に100円の手数料がかかる
  • 支払い方法を変更することもできる

関連サイト:楽天モバイル

SPONSORED LINK

-楽天モバイル
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【チャットサポートあり!楽天モバイルの問合せ窓口】繋がらないのは繁忙期も影響している!

MVNO(格安SIM)は店舗展開をしていないことも珍しくなく、ショップがないということでMVNO(格安SIM)に乗り換えて、わからないことがあったらどうすればいいんだろう…と、乗り換えを躊躇している方 …

【評判や口コミは?楽天モバイルベーシックプラン】ライトユーザー向けの高速データ通信ができないプラン!

楽天モバイルには、 ベーシックプラン 3.1GBプラン 5GBプラン 10GBプラン 20GBプラン 30GBプラン といった料金プランがありますが、月額料金の安さからベーシックプランを選択しようと思 …

【回線元も紹介!格安スマホ「楽天モバイル」とは】使えるエリアはドコモと同じ通信エリア!

今回から、大手ネット通販サイト楽天が提供している、楽天モバイルを紹介していきたいと思います。 楽天モバイルは、MMD研究所という調査研究機関が発表した調査結果によると、メインで利用している格安SIMサ …

【通信できない?楽天モバイルAPN設定後にネットに繋がらない場合】アプリを使用してAPN設定をすれば解決することも!

楽天モバイルに申し込んで、APN設定をしたはいいけどインターネットに繋がらないと困っている方もいるようです。 そこで今回は、APN設定をしても楽天モバイルのSIMで、インターネットに繋がらない場合の対 …

【店頭で何ができる?楽天モバイルの店舗「楽天モバイルショップ」】新規契約の他端末を実際に触ることもできる!

多くのMVNO(格安SIM)事業者は店舗展開をしておらず、申し込みはウェブから手続きをすることがほとんどですが、楽天モバイルはMVNO(格安SIM)でありながら店舗を展開しています。 そこで今回は、楽 …