楽天モバイル

【回線元も紹介!格安スマホ「楽天モバイル」とは】使えるエリアはドコモと同じ通信エリア!

投稿日:2017年3月3日 更新日:

今回から、大手ネット通販サイト楽天が提供している、楽天モバイルを紹介していきたいと思います。

楽天モバイルは、MMD研究所という調査研究機関が発表した調査結果によると、メインで利用している格安SIMサービスで第1位を獲得するなど人気の格安SIMとなっているようです(^^)

そこで、楽天モバイルとはどういった格安スマホなのか、使えるエリアや、楽天モバイルの回線元などについて調べてみました。

SPONSORED LINK

格安スマホ「楽天モバイル」とは

楽天の格安SIM

楽天モバイルとは、2014年10月に楽天がMVNO(仮想移動体通信事業者)として、携帯電話サービスに参入したことをきっかけに、サービスが開始された格安SIMです。

要は、楽天モバイルとは楽天が提供している格安SIMですね(^^)

元々は、楽天グループの通信会社「フュージョン・コミュニケーションズ株式会社」が楽天モバイルの提供を行っていましたが、2015年12月に商号を「フュージョン・コミュニケーションズ株式会社」から「楽天コミュニケーションズ株式会社」に変更した際に、楽天モバイル事業を親会社の楽天に譲渡し現在に至ります。

回線元(MVNE)はどこ?

楽天モバイルの回線元について調べてみると、楽天モバイルには2つの回線提供元があることがわかりました。

まず初めにですが、格安SIMを選ぶ上で、通信品質が安定しているということは絶対条件ですよね。

では、その通信品質はどのように決まるのかというと、どこのMVNEから回線を提供されているかがポイントになり、例えば回線元はドコモだとしても、回線を提供しているMVNEが違えば通信品質にも違いがでてきます。

格安SIMについて調べていると、

  • MNO:自社で通信回線設備を保有(ドコモ等)
  • MVNE:MNOの回線をMVNOに提供
  • MVNO:ドコモやauの回線を借りてサービスを提供

といったワードを目にすることが多いと思いますが、簡単に説明するとそれぞれの役割は上記のようになります。

楽天モバイルはMVNOにあたりドコモの回線を借りていますが、ドコモから直接回線の提供を受けているわけではなく2015年10月5日以前は「NTTPCコミュニケーションズ」というMVNEを通して回線を提供してもらっていました。

しかし、楽天モバイルの利用者が増えたため回線が遅くなってしまったそうです。

そこで、外部のMVNEから回線の提供を受けるのではなく自社で賄おうと、2015年10月6日以降からは「楽天コミュニケーションズ」という楽天グループの会社で回線を賄うようになります。

簡単にいえば、今まではMVNEを通してドコモ回線を借りていましたが、現在は直接ドコモから回線を借りてサービスの提供を行っているので、楽天モバイルは安定した速度・通信品質を提供できるようになっているようです(^^)

使えるエリアは?

楽天モバイルが気になるけど、乗り換えた場合以前使えていた場所で携帯が使えなかったらどうしようと、乗り換えを迷っている方もいるかと思いますが、上記のとおり楽天モバイルはドコモの回線を借りてサービスを提供しているため、基本的には楽天モバイルはドコモが使用できるエリアであれば使用可能ということになります。

現在ドコモを使用している方で、自宅や外出先などで携帯を使用する際に繋がりにくいと感じることはなく、現状の通信状況に不満を感じていないのであれば、楽天モバイルに乗り換えても今までドコモで繋がっていたところは今まで通り快適に端末を使用できるので、ストレスなく使用できるのではないかなと思われます(^^)

また、ドコモには「Xi」というLTEサービスと、「FOMA」という3Gサービスがありますが、楽天モバイルではそのどちらのサービスにも対応しているため、ドコモで「Xi」で繋がっていた場所が楽天モバイルに乗り換えたら「FOMA」での接続になり遅くなってしまったということはなく、ドコモで「Xi」で繋がっていた場所は、基本的には楽天モバイルでも「Xi」で繋がるようになっています。

ただ、回線状況によるところがあるので、使えるエリアはドコモとまったく同じとは言えませんが、基本的にはドコモと同じエリアで使えると思っていて問題ありません(^^)

店舗・取扱店

MVNO(格安SIM)は、店舗がなく無店舗販売となっていることろが多く、申し込む際はウェブからの申し込みになりますが、楽天モバイルはMVNO(格安SIM)では珍しく店舗展開をしており、楽天モバイルショップや家電量販店などから申し込むことができます。

他のMVNO(格安SIM)であれば店舗がないことが多いため、MVNO(格安SIM)に乗り換えるにあたって疑問に思っていることや気になっていることは、公式サイトやネットの情報を見て自分で解決しないといけませんでしたが、楽天モバイルは店舗を展開しているということでわからないことなどは、店舗に行けば教えてもらえるので、楽天モバイルに乗り換えを検討している方にとっては嬉しいですね!

また、楽天モバイルに乗り換えた際に、購入したいと思っている端末に店頭で触れてみることができるのも、楽天モバイルの特徴の1つではないでしょうか。

もちろん、ウェブからの申し込みもできるようになっているので、店舗が近所にない、店舗に行くのがめんどくさいという方は、ウェブから申し込み手続きをしてみてはいかがでしょうか(^^)

関連サイト:楽天モバイル

楽天モバイルのサービス内容・特徴

楽天モバイルのサービス内容や特徴についてですが、

  • 通話定額オプションあり
  • メインで使用している格安SIMサービスシェアNo.1
  • 楽天スーパーポイントが使える
  • ドコモ回線を使用している
  • あんしんサポート

といったことが挙げられます。

MVNO(格安SIM)では、通話定額オプションがないところもあり、月額料金は安い反面通話定額オプションがないがために、通話をすればするほど通話料がかさんでしまうことも(>_<)

楽天モバイルでは、通話定額オプションが用意されており、オプションに加入すれば5分以内の国内通話がかけ放題となり、通話料を気にすることなく通話をすることができます(^^)

また、楽天モバイルは格安SIMサービスの利用動向調査の、「メインで使用している格安SIMサービス」という設問で、第1位に輝いた実績があり、多くの方が楽天モバイルをメインで使用しているという結果を見ると、使用満足度も高いようですね(^^)

楽天モバイルのサービス内容や特徴に関しては、別の記事で詳しく紹介しようと思っているので、今回は触れる程度に留めておきます。

まとめ

  • 楽天が提供する格安スマホ(格安SIM)
  • ドコモと同じ回線を使用しているため、通信エリアはドコモと同じ
  • MVNOでは珍しく店舗を展開している
  • 店舗からだけでなくウェブからの申し込みも可能

関連サイト:楽天モバイル

SPONSORED LINK

-楽天モバイル
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

【SIMサイズに注意!楽天モバイル機種変更(買い増し)方法】Web限定キャンペーンを利用すればお得に端末が手に入る!

大手携帯キャリアでは、ショップに行けば機種変更をすることができますが、楽天モバイルの場合はどうやって機種変更をすればいいのか調べてみました。 また、楽天モバイルで機種変更(端末の買い増し)をするにあた …

【テザリングできる?楽天モバイルはiPadも使用可能】タブレット販売もあり!ドコモ端末はそのまま使用可能!

楽天モバイルは、申し込みの際に同時に端末も購入することができ、端末はスマホだけでなくタブレットも取り扱っています。 そこで、タブレットの中でも特に人気の高いiPadは、申し込み時に同時購入することがで …

【SIMが届いたら初期設定!楽天モバイルAPN設定方法】iPhoneの場合は構成プロファイルをインストールするだけ!

前回の記事では、楽天モバイルのAPN設定に必要になる申し込み種別の確認方法について紹介しました。 申し込み種別は何種類かありましたが、APN設定はその申し込み種別や端末のOSによって設定方法が異なりま …

【SIMカードは返却!楽天モバイルの解約方法】違約金(解除手数料)は最低利用期間を満たしていないと発生!

楽天モバイルは、月額基本料金が安いお得なMVNO(格安SIM)ですが、何らかの理由で解約をしたい、または別のMVNO(格安SIM)に乗り換えたい場合はどうすればいいのか調べてみました。 楽天モバイルに …

【通話SIMもOK!楽天モバイルSMSの使い方・送受信料金】設定方法・受信拒否などのやり方についても解説!

楽天モバイルではプランによってはSMSを使用することができますが、現在友達などとのコミュニケーションツールといえば、LINEやメールがほとんどなので、SMSを必要と感じていない方もいるかと思います。 …